酷使した目はアントシアニンが治してくれる

  1. ホーム
  2. ひとつの成分で多くの効果

ひとつの成分で多くの効果

シジミ

肝臓を元気に

オルニチンは肝臓の働きをサポートする成分として有名です。肝臓の解毒作用を助けることができるため、疲労を回復させたり二日酔いなどの症状を軽減させる働きがあるとして有名です。オルニチンは体の中にも備わっている成分で、遊離アミノ酸と呼ばれる一緒になります。食材としてはしじみ多く含まれており、その他にもキハダマグやヒラメといった魚類に含まれます。またチーズにも含まれるため工夫すれば毎日の食事の中から取り入れることも可能です。オルニチンの効果は疲労回復や二日酔いの症状の軽減の他にも、コレステロール値を調整したり美肌などに聞く場合もあります。コレステロールはほとんどのものが胆汁が作り出される時にできています。胆汁を作る肝臓の働きが低下していると、コレステロールの量をコントロールすることができなくなり血液中に蓄積してしまいます。その状況をサポートするためにもオルニチンは働くのです。また美しい肌を保つためには肝臓の機能がうまく働いていることが重要になります。オルニチンが肝臓の解毒作用をうまくサポートしておくことで肌と繋がります。効果を継続して感じるためにはオルニチンも継続してとり続けることが大切です。しかし毎日の食事でこのような食材を取り入れることはとても難しいです。そこで便利に摂取できる物がオルニチンのサプリメントです。現在ではオルニチンを摂取する現実的な方法としてはサプリメントが有効です。オルニチンのサプリメントは1日の摂取量の目安として400mgから1000mgと言われています。一気にこの量を飲むよりも継続して効果を感じるために、複数回に分けて飲む方法が良いとされています。また肝臓の機能を一時的にサポートするためにも継続したしようが望まれています。